読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何一つ誇るものがない

人生のアンチパターン

ITエンジニアになって5年が経った

  • エンジニアになる前

25歳、高卒、契約社員、資格無し、プログラミング経験無し、コネ無し、金無し
ありとあらゆる状態が不利でしかなかった。
書類選考で弾かれ、面接で説教されるという、今思っても無謀すぎる事をやっていた。今でも似たような事はやってるが

でもまぁ、その当時はITは人手が足りないって話しがあったから間違いで入れると思っていた。


  • エンジニアを始めて

いきなりJavaやってた。自分としてはLAMP環境でPHPの仕事がやりたいと思っていたが
適当に決めて入った会社が業務系の案件だったためJavaをやらざるを得ない状況だった。


今でも、LL言語の仕事はしたいと思ってなんやかんや手をつけてはいるが、、


それでも、研修的な物は受けたがはっきり言ってサッパリだった。
変数を理解するのに、2週間ぐらいは悩んでたし、
配列は要素数を決めてからとか分かってなかった。
自分でもキツイと思ったのが↓かな。

String str = "1";
if (str.equals(1)) {
   // 処理
} 

あまりの酷さに記憶してる。



で初仕事。
いきなり基本設計、分かるわけがない。
で詳細設計、知るわけがない。
その流れで実装、まともじゃない。
見事にデスマーチの中にいましたと。



  • エンジニアをやってて

主に仕事はコードを書いてる事が多いけど、興味がある分野だったらプロジェクト単位でいると
面白いだろうなと感じてる。それでも途中で飽きそうな感じはしてるけど


社外での勉強会、他のエンジニアの人たちと交流はすごく励みになる。
一時期、エンジニアとして何勉強すればいいか分からなくて悩んで勉強会に参加したけど
みんな同じこと考えてて、でも答えは無いので出来る技術を深く調べたり
不足してる知識を補ったりしてアウトプットしてた。



1年の3/4がデスマってる仕事ばかりなんで、オススメできる仕事ではないが
なにも出来ませんでしたはムカつくのでアンチパターンぐらいになりたいなとか。

  • エンジニアとして今後

最初に書いた通り、何も無い状態で始めた仕事なんでなるようにしかならないだろうなと。
それでも、悪あがきして自分というイレギュラーでも作れたら面白そうだろうなと思案してみる。